ソフトバンク達川コーチが語る球宴の思い出 「甲斐にはきっといい経験になる」

©株式会社Creative2

ソフトバンク・達川コーチ【写真:藤浦一都】

相手投手の球を受ける捕手は「役得や」

 14日、全体練習を行ったソフトバンク。練習の合間に、達川光男ヘッドコーチが自らの球宴の思い出を振り返った。

 広島での現役時代に7度の球宴出場を誇る達川コーチ。この日の練習の合間の“雑談”は球宴話に花が咲いた。

「やっぱりオールスターではいろんなチームの選手と話して刺激を受けるわな。わしも同級生の山倉(和博・巨人)が『前に出て(二塁に)投げんともったいない』と言うとったから、それから前に出て投げるようにしたら盗塁阻止率がグッと上がったわ。あと中尾(孝義・中日)のミットを見せてもらったらすごく使いやすくて、それ以来ずっと中尾モデルのミットにしたんよ」

 さらに捕手としての球宴出場は「キャッチャーとしての役得」があると達川コーチは語る。そして、初めての球宴経験で甲斐拓也が何かをつかんでくれることに期待を寄せた。

「当時は江川(卓・巨人)と遠藤(一彦・大洋)をまったく打てんかったんやけど、オールスターで2人の球を受けてから少しだけ打てるようになったんよ。受けることで球筋がわかるというかな。昨日、甲斐も増井(浩俊・オリックス)の球を受け取ったけど、後半戦は増井を打てるようになるかも知れんぞ。まあ、(球宴前の)2試合であれだけ打ち込まれて落ち込んどったけど、楽しそうにしていたし、甲斐にはきっといい経験になるやろ」

 この日のソフトバンクは通常の打撃練習に加え、投内連携やシート打撃など、少し長めの練習を実施。工藤公康監督の留守を預かる達川コーチは終始選手たちの動きに熱い視線を注いでいた。

(沢井史 / Fumi Sawai)