猛暑、被災者支援の手に妨げ

ボランティア搬送相次ぐ

©一般社団法人共同通信社

広島県熊野町で住宅内に流れ込んだ土砂を取り除くボランティアや近所の人たち=14日午後1時1分

 西日本豪雨によって甚大な被害が出た岡山、広島、愛媛3県では14日、各地で今年最高の暑さを観測した。3連休の初日で、住民らは大勢のボランティアの手を借りて泥や壊れた家具の運び出しなどを進めたが、猛烈な暑さに苦しんだ。共同通信の集計によると、3県全体で132人が熱中症の疑いで救急搬送され、うち三原市の高齢女性が死亡した。

 大規模な浸水被害があった倉敷市真備町地区では23人が搬送され、西予市では、被災した親戚宅の片付け作業中に嘔吐して運ばれた人がいた。広島市安佐北区で片付けをしていた40代女性や、広島県呉市でボランティアの30代と16歳の男性が搬送された。