【マンガ】目覚めたら美女とキス!? 照れ隠しの酒が招いた、20代の思い出【お酒がやめられない】

「酒に強くも弱くもないわたしは、よくお酒に飲まれる」――。

20代から酒に飲まれつづけた漫画家・緑丘まこが酒と出会いと黒歴史を綴る、飲んだくれコミックエッセイ。土曜のひとり飲みのおともにどうぞ。

(第1回はこちら:酒飲みの聖地・赤羽に、女ひとりでやってきたのだ)
(第2回はこちら:赤羽のユミコさんに見た「酔っぱらいの法則」)
(第3回はこちら:渋谷のコインロッカーに挟まれた三十路の夜)
(第4回はこちら:安ワインが招いた“三日酔い”と血染めバスタブのゆくえ)
(第5回はこちら:涙酒だよおっかさん! 新幹線でエンドレス泥酔の旅)
(第6回はこちら:飲んで飲まれて大号泣! 手みやげ片手に密着警察24時)
(第7回はこちら:おごられ酒は断れない! ”魅惑のタダ酒”で酩酊した結果)

第8回:酒・おぼえていますか ~前編~

1
2
3
4
5
6
7

(隔週土曜日・次回は7月28日更新予定)

緑丘まこ(みどりおか・まこ)
兵庫県育ちの30代独女。漫画とゲームとお酒をこよなく愛する。
センベロ居酒屋やレトロなレストランを発掘するのが休日の楽しみ。
お酒は最高の友達。

Twitter

note

©株式会社サイゾー