シードの福井工大福井と啓新が登場

第100回全国高校野球選手権記念福井大会の見どころ

 第100回全国高校野球選手権記念福井大会第2日は7月15日、県内2会場で1回戦6試合を行う。県営第1試合には第3シードの福井工大福井、敦賀市総合第1試合には第4シードの啓新が登場する。

 ⇒トーナメントはこちら

 県営球場の第1試合は福井工大福井ー丹南。福井工大福井は鍛え抜かれた内外野が強みで、守りから攻撃のリズムをつくる。丹南は2年生が投打の柱。粘りと得点力が鍵を握る。

 第2試合は敦賀気比ー丸岡。敦賀気比は下級生時から経験を積んだ選手がチームをけん引。打撃も勝負強さを増している。丸岡はエース右腕の調子が上向き。内野の連係プレーの精度も高まった。

 第3試合の金津は組織力が武器。「打ち勝つ野球」で再び旋風を巻き起こしたい。対する武生東は「序盤にどれだけ取れるかが鍵」と監督。3年を中心とした打撃に期待がかかる。

 敦賀市総合第1試合の武生は「序盤に集中」。昨年の先輩が果たせなかった4強入りを目指す。啓新は冬場のトレーニングで長打力が底上げされた。打線は、どこからでも得点が期待できる。

 第2試合は丹生ー藤島。丹生が狙うのは投手戦。二枚看板の球威とスタミナが増し監督も信頼を寄せる。藤島は「考えて打つ」意識が一層強くなった。切れ目のない打線で勝利をつかむ。

 第3試合は福井農林ー若狭。福井農林はレギュラー陣が昨秋から固定されており経験豊富。守りも内野陣を中心に安定感が増した。若狭は5投手を中心とした堅守に自信。守備からリズムをつくり、好機をものにしたい。

 順調に進めば、25日に県営球場で決勝が行われる。優勝校は第100回全国高校野球選手権(8月5日から17日間・甲子園球場)に出場する。

■福井新聞D刊で全打席速報

 福井新聞社は、第100回全国高校野球選手権記念福井大会の全試合、全打席を電子新聞「福井新聞D刊」と携帯サイト「福井新聞mobile」で速報する。閲覧には会員登録が必要。D刊の速報サイト「fast」単独のプランでも閲覧できる。

 ⇒申し込みはこちら

 ⇒試合速報はこちら

 ホームページ「福井新聞ONLINE」ではイニング速報のみ公開する。熱戦の写真はD刊プレミアムフォトで試合当日に公開する。

Follow

福井新聞

on

©株式会社福井新聞社

ニュースは福井新聞D刊 

電子新聞「福井新聞D刊」はニュースが満載。福井新聞の紙面をはじめ速報、主要ニュース、特集記事などビジネスや日々の生活に役立つ情報をお届けします。

お申し込みはこちらから