戊辰戦争、両軍の犠牲者を慰霊

福島・白河で萩市長ら出席

©一般社団法人共同通信社

慰霊祭を終えポーズをとる(左から)山口県萩市の藤道健二市長、福島県白河市の鈴木和夫市長、鹿児島市の森博幸市長、福島県二本松市の三保恵一市長=14日午後、福島県白河市

 1868年の戊辰戦争で、会津藩や、東北諸藩などから成る奥羽越列藩同盟と、長州藩などの新政府軍が激しく戦った「白河口の戦い」の犠牲者を弔おうと、戦場となった現在の福島県白河市で14日、両軍ゆかりの山口県萩市や鹿児島市などから首長らが出席し、合同慰霊祭が開かれた。

 戦いでは小峰城を巡る攻防が約100日間にわたり、千人以上が亡くなった。白河市に数多く立つ両軍の犠牲者の墓や慰霊碑を、地元の住民らが弔い続けている。慰霊祭は戦いから150年になるのを機に、白河市の鈴木和夫市長が各地の自治体に呼び掛け実現した。