ホテル利用、日本人は貴重品隠さず 選ぶのは大手チェーン 世界23カ国を比較

 世界最大級の総合旅行サイト・エクスペディアの日本語サイト「エクスペディア・ジャパン」は、1年以内に飛行機に乗りかつホテルに宿泊した世界23カ国の男女1万8,229名を対象に、ホテルに関する意識の国際比較調査を実施した。

 まずはホテルの室で貴重品をハウスキーパーの目の触れないところに隠すか質問した。アメリカ人は50%、スペイン人41%、メキシコ人36%、フランス人26%、インド人・シンガポール人24%が「隠す」と回答。一方、日本人は1割にも満たない9%のみが「隠す」と回答した。世界トップクラスを誇る日本の治安だが、海外に行っても日本同様の生活スタイルでいる人が多いようだ。さらに、ホテルでドアノブサインを使って、ホテルスタッフに入室可否を知らせるかを聞いたところ、「使う」と回答した日本人は14%と、こちらも世界で最も低い割合となった。

 続いて、旅行中のホテルを予約する時、日本人の69%が第一候補として選ぶのは「大手チェーンホテル」であると回答した。他の国と比較すると、アメリカ人・メキシコ人59%、スペイン人55%、韓国人53%、シンガポール人・香港人49%だった。日本人は世界で最も「大手チェーンホテル」を優先的に選んでいるのだった。一方で、「レストラン・バー」「プール」「子連れ家族向けの設備」など、ホテルの附属設備を重要視する日本人の割合は世界で最も低いということも分かった。日本人はホテルのブランドを重視する傾向が強いようだ。

 またホテルでは普段より長くシャワーの時間をとるか?という質問もあった。ブラジル人やメキシコ人、スペイン人などは半数以上が「ホテルでは普段より長くシャワーやお風呂の時間を取る」と回答している一方で、日本人は長く時間を取る人の割合が17%と、世界で最も少なかった。これはまさに文化の違い。日本人は日本式の自宅風呂で長風呂をする傾向があるが、ホテルのお風呂はシャワーと浴槽が一体型の洋式なものが多いため他国の人と比べると、普段より短いお風呂時間になるようだ。

 最後に、ホテルで他の宿泊客と親密になった経験があるか?という質問をした。すると、日本人はわずか2%のみ経験があると回答、台湾と同率で、世界でもっとも少ない結果となった。反対に一番多いのはインド人で、5人に1人は経験があると回答した。

 貴重品の管理をはじめ、ホテルの選び方・重視する点など、世界の国々と比較すると日本人の国民性が改めて分かる結果となった。また、他国の人たちは、日本人に比べるとホテル内でも貴重品管理を徹底して行っているのは事実だ。海外旅行に行くと日本人は「隙」が多いと指摘する外国人は実に多く、旅行する国によっては日本の常識・ルールが通じない場合も多い。外国では少々警戒する意識を高めたておくことを改めて認識しなければいけないだろう。

©株式会社財経新聞社