猛烈な暑さの中 捜索続く

復旧作業の一方で、今も不明者の懸命な捜索が続いている。

広島市安芸区矢野町。
県内では、猛暑日となる地域が少なくない、暑い1日だった。

日が傾きつつあるが、午後5時半すぎ現在も、温度・湿度ともに高いまま。

そして現在も、自衛隊、警察、消防による土砂の撤去作業が行われている。

そして、この付近では、広島県警呉署に勤務する晋川尚人さん(28)と山崎賢弘さん(29)を含む3人の行方がわかっていない。

警察官の2人は6日夜、山中で車に乗って立ち往生していた人たちの避難誘導をしていたという。

ただ、その直後に土砂崩れに巻き込まれ、行方がわからなくなった。

ただ、避難誘導を受けた人たちは助かることができた。

晋川さんの父親・芳宏さんは、「本当に真面目に勇敢に仕事をこなしていたんだと、誠実にしていたんだと思う。自慢できる息子かなと思う。1日も早く出てきてほしいというのが、今の本当の気持ちで、何でもいいから何か出てきてほしい」と話した。

14日は、晋川さんの父親・芳宏さんと山崎さんの母親・美智子さんなどが現場に訪れ、警察の捜索を見守っていた。

©株式会社フジテレビジョン