ロシアW杯組織委「歴史的成功」

女子W杯開催にも意欲

 【モスクワ共同】サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会の組織委員会が14日、モスクワで記者会見を開き、ソロキン最高責任者は「サッカーの歴史においても大成功だった。ピッチ内外で素晴らしい大会だった」と総括した。将来的には女子W杯の開催を目指す考えも示した。

 観戦者に必要とされた「ファンID」は180万人以上に発行された。ロシアが約98万人で、他国の上位は中国が6万7千人、米国が5万2千人、以下メキシコ、アルゼンチン、ブラジル、コロンビア、英国の順だった。

 ソロキン氏は「ロシアの印象が大きく変わったはずだ。有形無形の遺産が残った」と誇った。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る