イラク戦争15年でシンポ

「自衛隊日報は国民共有の文書」

イラク戦争開戦から15年に合わせたシンポジウムで、日報隠蔽問題について語るジャーナリストの布施祐仁さん(右端)、綿井健陽さん(左端)ら=14日、東京都新宿区

 2003年のイラク戦争開戦から15年となったのに合わせ、戦争を振り返り、今年発覚した自衛隊の日報隠蔽問題を話し合うシンポジウムが14日、東京都新宿区の早稲田大で開かれた。現地情勢に詳しいジャーナリストらは、誤った情報に基づいた戦争だったと位置付け「日報は国民共有の文書。自衛隊派遣が正しかったかきちんと検証しなければならない」と訴えた。

 情報公開請求を10年以上前から続け、日報問題を追及してきたジャーナリスト布施祐仁さんは、隠蔽が起きた原因について、自衛隊の活動場所を非戦闘地域とした「表向きの説明」が、現地からの報告とかけ離れたことにあると指摘した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む