首都直下地震、いつ起きても不思議ではない状態…すでに千葉でM6級が頻発

渋谷のスクランブル交差点(「Wikipedia」より)

 大阪北部地震から約1週間後に政府の地震調査委員会が発表した「全国地震動予測地図2018年版」は大きな波紋を呼んだ。同地図では「今後30年間に大地震(震度6弱以上)が起きる確率」が示されているが、北海道南東部でリスクが高まったほか、都道府県庁所在地では千葉市が85%で最高を記録し、横浜市が82%、水戸市が81%と、関東地方の危険度の高さもあらためて浮き彫りになっている。

 東北大学災害科学国際研究所の遠田晋次教授は、「平均すると25年程度の間隔で発生する首都圏直下の大規模な地震は、いつ起きても不思議ではない状態。そもそも、東日本大震災以降、関東では小規模な地震の発生ペースが速い状態が続いている。普段から警戒しておくことが必要」と指摘する。

 千葉では、同地図が公表された当日に南部で震度4、7月7日にも北東部で震度5弱の地震が発生した。首都圏を襲う地震リスクについて、遠田教授に聞いた。

●首都直下地震はいつ起きても不思議ではない

――地震調査委員会の「全国地震動予測地図」の最新結果をどうとらえていますか。

遠田晋次氏(以下、遠田) 基本的に、関東地方ではいろいろなタイプの地震が発生する可能性があります。相模トラフ沿いにフィリピン海プレートと太平洋プレートなどが沈み込んでおり、少なくとも3枚のプレートがひしめき合っているからです。そんななかで、依然として「関東では震度6弱以上の地震が発生する確率が高い」との見方が示されました。

 7日に千葉北東部で震度5弱の地震が起きましたが、千葉に目立った活断層はありません。しかし、3枚のプレートの境界やそれぞれの内部でいろいろな地震が発生するのです。深さもさまざまです。

 一方、過去に関東大震災を引き起こした相模トラフについては、200年から400年間隔で大地震が起きており、最後に発生したのが1923年なので、まだ発生確率はそれほど高いとは評価されていません。

――千葉市の85%という確率は衝撃的でした。これは、かつての安政江戸地震のようなタイプが想定されているのでしょうか。

遠田 震源地にもよりますが、地震の規模が大きくなれば必然的に震度6弱以上になるため、必ずしも安政江戸地震のタイプだけを想定したわけではないでしょう。そもそも、安政江戸地震に関しては、震源地が千葉市内なのかもう少し東京寄りなのか、規模も本当にマグニチュード(M)7クラスだったのか、はっきりしていない部分があります。

 また、同様に首都直下地震についても、東京都の被害想定では「東京湾北部地震」などとして想定されていますが、まだどのような地震となり得るか、メカニズムも含めてわかっていません。

 ただ、1880年代以降に起きたM6.7以上の首都直下地震は5つしかなく、平均すると25年くらいの周期で発生しています。確率論で考えると、「30年に1回くらいは首都圏でM6.7クラスの地震が発生するだろう」と予想できます。この場合の首都圏とは、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県あたりです。東京の真下は地盤が弱いので、震源地によっては震度6クラスの地震が首都を直撃する可能性もあるでしょう。

――M6.7クラスの首都直下地震が最後に発生したのはいつ頃ですか。

遠田 1987年に起きた千葉県東方沖地震です。それから今年の時点ですでに31年たっています。頻度から考えると、いつ首都直下地震が発生しても不思議ではありません。最近になり、千葉ではM6クラスの地震が頻発しています。大阪北部地震はM6.1でしたが、大きな被害を及ぼしました。関東の場合は震源が深いことが多いですが、“当たりどころ”が悪ければ甚大な被害が予想されます。

 これらの事情に鑑みると、地震調査委員会が「30年以内に震度6弱以上の地震が関東で起きる確率が高い」と打ち出しているのは、それなりに根拠のある結果なのです。ただし、関東は地下の状態が不明な部分が多く、地震のメカニズムについても諸説あるため、地震調査委員会は統計などの総合的な観点から評価を行っています。

●「スロースリップ」が大地震につながる可能性も

――そもそも、関東での地震の予知や予測は可能なのでしょうか。

遠田 「予知に近い予測(短期的予測)」というのであれば、関東では無理でしょう。近年、専門家の間では「東海地震の予測も難しい」と言われています。関東の場合は地震の起こり方が東海などよりも複雑なので、予知や予測は特に難しいのが実情です。

――最近、岩盤の境目がゆっくりとずれて動く「スロースリップ」という現象が注目されているようですが、地震との因果関係は。

遠田 地震調査委員会も「スロースリップが発生すると地震も起きやすくなる」と言及しています。房総沖や房総南部では4年くらいの間隔で「スロースリップ」が発生し、そのしわ寄せを受けるかたちで、ごく周辺で地震が発生しやすくなります。千葉では6月頃から「スロースリップ」が活発化していましたが、現在はほぼ終息したとみられています。ただ、その余韻で、まだ地震がやや多い状態が続いているといえます。

――「スロースリップ」の余韻でM6クラスの地震が発生する可能性はあるのでしょうか。

遠田 可能性としてはあります。ただし、7日に起きた千葉北東部の地震は「スロースリップ」が起きている場所よりも深い部分が震源地なので、今のところは「スロースリップとは無関係」とする見方が多いです。ただし、繰り返しになりますが、関東平野の真下は地盤が弱く地震が起きやすいので、普段から注意を怠るべきではありません。

 さらにいえば、2011年の東日本大震災以降、関東では直下型地震の頻度が高まっています。7年たった今もそれは変わらず、3.11以前より地震が発生しやすい状況が続いています。警戒が必要です。

――そうすると、なんらかの対策が必要ですね。

遠田 大阪北部地震は通勤通学の時間帯に起きましたが、そこから学ぶことが必要でしょう。たとえば、首都圏で大きな震災が起きた場合、通勤すべきか否かは事前に会社で決めておく必要があります。ほかにも、交通網やインフラなど大都市特有の事情があるため、自治体や会社が事前に万全の対策を打っておくことが肝要です。

――6月に大阪でM6.1、7月に千葉でM6と、大きな地震が地域を変えて頻発しています。今後の注意点などについて教えてください。

遠田 「日本全国、どこでも大きな地震が起きる可能性があります」と言ってしまえば簡単ですが、特に東日本は3.11の長期的影響(余韻のようなもの)による地震に、西日本は南海トラフ巨大地震の前に活発化するといわれる内陸での大地震に、それぞれ注意すべきです。

 また、今回の地震調査委員会の調査では北海道東部のリスクが高く評価されていますが、地質調査や測地観測などのデータを考慮すると、沖合のプレート境界でかなりのひずみが蓄積されています。

 今は日本列島全体が3.11以前とは違う動きを見せています。基本的に、日本列島は3つのプレートの上に位置しています。動き次第では、その境目の部分で大きな地震が発生するかもしれません。このあたりは、私自身もじっくりと調査してみます。
(構成=長井雄一朗/ライター)

©株式会社サイゾー