タイ洞窟、救出少年らの肉声公開

「すしや焼き豚食べたい」

タイ北部チェンライの病院でカメラに向かい手を振る少年たち(タイ保健省提供、共同)

 【バンコク共同】タイ保健当局は14日、同国北部チェンライ郊外の洞窟から救出された地元サッカーチームの少年12人と男性コーチ計13人の肉声を伝える病院でのビデオ映像を公開した。少年らは救助に当たった海軍特殊部隊、応援してくれたタイや世界の人々に謝意を表明、さらに「すしや焼き豚ご飯が食べたい」などと語り、体調がかなり回復していることをうかがわせた。

 保健当局によると、13人は感染症にもかかっておらず、体調は良好で、医師団が退院の準備を進める方針という。地元メディアは19日にも退院予定だと伝えた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む