首位の作陽は岡山学芸館に3-1で勝利!広島皆実、瀬戸内に快勝

 前節は全試合が大雨の影響により延期となった高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ2018 中国。7月14日は第9節の5試合が各会場で行われた。
 首位の作陽(岡山)は岡山学芸館(岡山)と対戦。前半に一度、同点に追いつかれるも羽田一平と岸孝宗郎が後半にゴールを決め3-1で勝利し勝ち点3を獲得した。広島皆実高校サッカー場で行われた広島皆実(広島)対瀬戸内(広島)の広島ダービーは森内幸佑のハットトリックの活躍により6-1で広島皆実が快勝した。また、昇格組のガイナーレ鳥取U-18(鳥取)と高川学園(山口)の一戦は3-1で高川学園が勝利。サンフレッチェ広島ユースセカンド(広島)対立正大淞南(島根)は3-0で立正大淞南が勝利し勝ち点3を手にした。さらに、ファジアーノ岡山U-18(岡山)は佐々木啓太らのゴールにより3-1で玉野光南(岡山)を退けた。

 

 

©サッカードットコム株式会社