鯖江が延長の末武生工業下し2回戦

第100回全国高校野球選手権福井大会1回戦・武生工業―鯖江 延長10回の激闘を制した鯖江ナイン=7月14日、福井県敦賀市総合運動公園野球場

 第100回全国高校野球選手権福井大会第1日は7月14日、福井県内2会場で1回戦を実施。敦賀市総合運動公園野球場第3試合は鯖江が武生工業を延長10回、9―8で振り切り2回戦進出を決めた。

鯖江 102 220 001 1...9 003 311 000 0...8 武生工業

■鯖江 清水皓登、土田昂樹、清水皓登―坂本竜三郎 ■武生工業 野村諒、小島悠里、幸明慶勳―岩嵜大暉

▽本塁打 坂本竜三郎2、清水皓登(鯖江)、幸明慶勳(武生工業)

 鯖江は7―8と1点を追う九回、先頭の清水皓登が左越えに本塁打を放ち8―8と試合を振り出しに戻した。延長十回には2死二塁から2番中林龍星が右越え適時三塁打を放ち1点を勝ち越した。先発した清水が九回から再登板、2イニングをきっちり抑えた。

 鯖江は4番坂本竜三郎が2打席連続本塁打を放つなど14安打を放った。

 武生工業は幸明慶勳の本塁打など鯖江を上回る計15安打を放ち2度逆転する粘りを発揮したが、八回の無死満塁の好機で三者連続三振を喫したのが痛かった。2番手で六回から登板した小島悠里は粘り強く投げたものの勝ちを呼べなかった。

Follow

福井新聞

on

©株式会社福井新聞社

ニュースは福井新聞D刊 

電子新聞「福井新聞D刊」はニュースが満載。福井新聞の紙面をはじめ速報、主要ニュース、特集記事などビジネスや日々の生活に役立つ情報をお届けします。

お申し込みはこちらから