夢の球宴に県民大興奮 熊本で初のプロ野球オールスター戦

プロ野球オールスター第2戦が行われ、ラッキーセブンの風船飛ばしで盛り上がるリブワーク藤崎台球場=14日午後8時25分ごろ、熊本市中央区(池田祐介)

 夢の球宴に県民は大興奮-。プロ野球マイナビオールスターゲーム2018は14日、熊本市のリブワーク藤崎台球場で第2戦が行われた。熊本で初の球宴には、お気に入り球団のユニホームに身を包んだ約1万4千人の観客が詰め掛け、阪神の岩貞祐太投手(必由館高出)らスター選手の一投一打に大きな声援を送った。

 2016年に発生した熊本地震の復興支援の一環。無料招待された県内の野球少年ら約3300人も、憧れの選手たちに熱いまなざしを送った。試合前には選手らがグラウンドに整列し、地震の犠牲者を悼み黙とうした。09年以来の凱旋登板となった岩貞投手が四回に登場すると、この日一番の大歓声が湧いた。試合は全パ・リーグが5─1で全セ・リーグに勝利した。(後藤幸樹)

(2018年7月15日付 熊本日日新聞朝刊掲載)

©株式会社熊本日日新聞社

紙面を彩った火の国球児たち

「夏の甲子園100回」を記念し、熊本出身のスターたちの〝球児〟時代を取り上げます。 第3弾は「打撃の神様」と呼ばれた川上哲治(熊本工出、人吉市出身)です。

ご購入はこちらから