名演技!プリンちゃん 新作ショーに歓声 阿蘇カドリー・ドミニオン

主演のプリンちゃん(右端)ら動物たちが笑いを誘う「みやざわ劇場」の新作ショー=阿蘇市

 阿蘇市の観光施設「阿蘇カドリー・ドミニオン」で14日、人気動物ショー「みやざわ劇場」の新作ショーが始まった。人気チンパンジー「パンくん」の娘「プリンちゃん」が初めて単独主演を務める。土日祝日と夏休み期間中、1日3回公演する。

 プリンちゃん(2歳10カ月)はおてんばなお姫さま「プリン姫」にふんし、動物トレーナーの宮沢厚さん(59)演じる執事と一緒に人助けをしながら、悪い魔女をこらしめるストーリー。

 昨年は宮沢さんとの“ダブル主演”だったが、単独主演を張る今年は新たに覚えた竹馬やキックスケーターを愛嬌[あいきょう]たっぷりに披露。ブルドッグの2代目ジェームズら動物25匹も登場し、コミカルな掛け合いに観客から歓声が湧いた。

 宮沢さんは「小さな子どもからお年寄りまで楽しんでもらえる劇に仕上がった。阿蘇の観光客回復が厳しい中、成長したプリンちゃんの姿を見に来て」と話した。同施設TEL0967(34)2020。(中尾有希)

(2018年7月15日付 熊本日日新聞朝刊掲載)

©株式会社熊本日日新聞社

紙面を彩った火の国球児たち

「夏の甲子園100回」を記念し、熊本出身のスターたちの〝球児〟時代を取り上げます。 第3弾は「打撃の神様」と呼ばれた川上哲治(熊本工出、人吉市出身)です。

ご購入はこちらから