熱中症で菊陽町の81歳女性死亡 県内搬送23人に

 14日午前5時ごろ、菊陽町原水の民家で81歳の女性が「嘔吐[おうと]し意識がない」と家族から119番通報があった。菊池広域連合消防本部によると、女性は熱中症により心肺停止状態で、搬送先の病院で死亡が確認された。

 同本部によると、女性の2階寝室にはエアコンがなかったという。同本部は「屋内でも熱中症になる。風通しを良くして、水分をこまめに取るなど熱中症対策を」と呼び掛けている。熊本地方気象台によると、13日夜から14日朝までの熊本市の最低気温は25・9度で熱帯夜だった。

 県内各消防本部によると14日夕までに、熱中症(疑いを含む)による搬送者は、この女性を含め計23人。上益城消防組合消防本部によると、山都町では屋外で仕事中の20代男性が重症で搬送された。(丸山宗一郎)

©株式会社熊本日日新聞社

紙面を彩った火の国球児たち

「夏の甲子園100回」を記念し、熊本出身のスターたちの〝球児〟時代を取り上げます。 第3弾は「打撃の神様」と呼ばれた川上哲治(熊本工出、人吉市出身)です。

ご購入はこちらから