香川県知事選立候補予定。浜田恵造(はまだ けいぞう)氏の学歴・経歴・政策は?

©選挙ドットコム株式会社

2月19日の香川県議会において、任期満了にともなう香川県知事選(8月9日告示、26日投開票)に浜田恵造氏が立候補の意向を表明しました。
浜田氏は現職の香川県知事で、3選を目指し、自民・公明・国民民主・社民4党の推薦を受け無所属での立候補となる予定です。
なお、現職の浜田氏のほかには無所属の新人、姫田英二(ひめだ えいじ)氏が共産党の推薦を受けて立候補を予定しています。

香川県出身の浜田氏。大蔵官僚を経て、香川県知事を2期務める

浜田恵造氏は1952年1月10日、香川県観音寺市の生まれで現在66歳です。県立観音寺第一高等学校を卒業後、東京大学法学部に進学。同大学を卒業後、1975年に旧大蔵省に入省します。大蔵省主計局主査(農林水産担当)、大蔵省主計局主査(地方財政担当)を経て、1990年には山形県総務部長に就任。大蔵省理財局国債課長、東海財務局長、地方分権改革推進会議事務局次長を歴任し、2007年には東京税関長に、2008年には日本高速道路保有・債務返済機構理事に就任します。

2010年の香川県知事選挙では、163,583 票を得て初当選。2014年の同選挙では、223,846 票を得て再選を果たしました。