「皆知ってるだろ?」アザール、退団の可能性を示唆か

©株式会社コリー

『Guardian』は14日、「ベルギー代表FWエデン・アザールは、環境を変える時が来たかもしれないと話した」と報じた。

2020年までチェルシーとの契約を残しているアザール。更新の話はあったものの、選手側の意向によって延期されている。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

また、チェルシーは今夏アントニオ・コンテ監督が退任することになり、マウリツィオ・サリ氏が新しい指揮官になった。

アザールはワールドカップの三位決定戦を終えたあと以下のように話し、退団の可能性を匂わせたという。

エデン・アザール 「正直に言えば、僕はこの後休暇に行くだろうし、その後に正しい問いかけをするよ。

チェルシーで6年間素晴らしい時間を過ごしてきた。何か違ったものを探求する時が来たかもしれない。

ここに残りたいのか、それとも去りたいのか。僕は決めることができるが、最終的にはチェルシーが判断するよ。僕を放出したいのかどうか。

自分のキャリアのため、このワールドカップのあとで何かを変える時かもしれない。

いつも僕はチェルシーでいい感覚を得ている。それは皆知っている。そして僕は様々なビッグクラブとリンクしてきた。来週はバイエルンになる。いや、ジョークだけどね。皆、僕が行きたい場所は知っているだろう」

>>QolyによるDAZN徹底ガイド!料金・画質・評判・番組内容など