南北軍通信線の復旧へ制裁除外

安保理、韓国要請受け承認

©一般社団法人共同通信社

 【ニューヨーク共同】韓国政府が国連安全保障理事会の北朝鮮制裁委員会に対し、北朝鮮の軍当局との通信線を復旧させるために使う燃料などを北朝鮮側へ持ち出すことを安保理制裁対象から除外するよう要請し、認められていたことが16日、分かった。安保理外交筋が明らかにした。

 搬出が認められたのはガソリンなど燃料のほか、光ファイバーケーブルやトラック、バス、発電機などの機材。いずれも制裁決議で北朝鮮への輸出が制限されている。

 韓国の文在寅大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は4月の南北首脳会談で、偶発的な軍事衝突の防止を目指すことで合意した。