ロアッソ 守勢続き3連敗 安2発及ばず、町田に2-3

【熊本-町田】後半25分、町田に3点目を許し、肩を落とす熊本の選手ら=えがお健康スタジアム(上杉勇太)

 明治安田J2第23節最終日は16日、えがお健康スタジアムなどで3試合を行い、19位ロアッソ熊本は4位町田に2-3で敗れ3連敗を喫した。通算成績は6勝13敗4分け(勝ち点22)で19位は変わらず。町田は2位に浮上した。

 前半9分、左からのCKを町田のFW中島裕希に頭で押し込まれると、10分後にも中島に再び頭で決められた。2失点して攻撃のスイッチが入った熊本は、31分にFW安柄俊(アン・ビョンジュン)の7試合ぶりのゴールで1点差に迫り、折り返した。

 後半2分、安がFW皆川佑介のポストプレーから2点目を奪い同点に追い付く。しかし、25分に再びCKから失点すると、6分後には安がこの日2度目の警告を受けて退場。その後は数的不利の状況で決め手を欠き、追加点を奪えなかった。

 他会場は首位松本が岡山と0-0で引き分け、水戸が最下位京都を1-0で下した。

 熊本の次節は21日、山梨県の山梨中銀スタジアムで12位甲府と対戦する。(後藤幸樹)

(2018年7月17日付 熊本日日新聞朝刊掲載)

©株式会社熊本日日新聞社

紙面を彩った火の国球児たち

「夏の甲子園100回」を記念し、熊本出身のスターたちの〝球児〟時代を取り上げます。 第3弾は「打撃の神様」と呼ばれた川上哲治(熊本工出、人吉市出身)です。

ご購入はこちらから