オバマ氏、危機感表明

マンデラ氏生誕百年で

©一般社団法人共同通信社

南アフリカ・ヨハネスブルク近郊の旧黒人居住区ソウェトにあるマンデラ氏の自宅跡。多くの人が訪れていた=18日(共同)

 【ヨハネスブルク共同】米国のオバマ前大統領は17日、南アフリカの最大都市ヨハネスブルクで講演し、世界は「奇妙で不確かな」時代だと指摘、「恐怖や恨み」をあおるような政治状況に強い危機感を表明した。「昨今の政治は真実(に基づくこと)を拒否しているようだ」とも発言。名指しは避けつつ、トランプ大統領を批判した形だ。

 講演は反アパルトヘイト(人種隔離)闘争を率い、2013年に95歳で死去したマンデラ元大統領が18日で生誕100年となるのを前に行われた。18日にはマンデラ氏のゆかりの地を訪ねた人々が、多人種共存を夢見た「不屈の闘士」の功績をたたえた。