宮工、競り勝つ 夏の甲子園宮崎大会第11日

©株式会社宮崎日日新聞社

【準々決勝・宮崎工-宮崎日大】宮崎日大打線を1点に抑え、完投した宮崎工の先発桝田(左から2人目)

 第100回全国高校野球選手権記念宮崎大会第11日は18日、宮崎市のアイビースタジアムで準々決勝2試合を行い、ノーシードの宮崎工と第2シード富島が勝利した。

 宮崎工は第8シード宮崎日大を3-1で撃破して2年ぶりに、富島は小林西を4-0で下して67年ぶりにそれぞれベスト4に名乗りを上げた。

 第12日は19日、同球場で準々決勝の残り2試合を行う。