死亡英女性、ノビチョクを香水と間違えたか

小瓶に残留物

©株式会社全国新聞ネット

太田清

共同通信大阪支社統括整理部長

太田清

共同通信大阪支社統括整理部長

共同通信社入社後、広島支局、大阪社会部、外信部、経済部、ベオグラード支局、モスクワ支局、ローマ支局、47NEWS編集長などを経て2019年10月より現職。イトマン事件、阪神大震災、コソボ紛争、ユーゴ空爆、モスクワ劇場占拠、アフガン紛争、ギリシャ財政危機、東日本大震災などを取材。

太田清の記事一覧を見る
英国人男女が立ち寄ったとみられる場所に立つ警察官=4日、英南部ソールズベリー(ゲッティ=共同)

 旧ソ連で開発された化学兵器である神経剤ノビチョクに接触し、英国人女性が死亡、別の男性が一時重体となった事件の真相の一端が明らかになってきた。女性は英南部の公園で見つけたノビチョクの入った小瓶を香水と勘違いし、体に振りかけたことが死につながった可能性が高いという。英タイムズ紙(電子版)などが19日までに伝えた。 

 死亡した女性はドーン・スタージェスさん(44)で6月30日に、英南部エームズベリーの住宅で意識不明の重体となり、病院に搬送されたが今月8日、死亡した。スタージェスさんは前日の6月29日、恋人のチャーリー・ロウリーさん(45)とともに、3月の元ロシア情報機関員襲撃事件の現場近くを訪れており、その際に同事件で使われたノビチョクの残留物に触れた可能性が指摘されていた。 

 一時重体となったものの意識を回復したロウリーさんは見舞いに訪れた兄に対し、香水の小瓶のようなものを拾い自宅に持ち帰ったと証言。死亡したスタージェスさんは小瓶内の液体を手首に吹きかけたが、液体は「アンモニアのようなにおいがした」という。その後、2人は気分が悪くなり病院に搬送された。 

 警察当局は、小瓶には3月の襲撃事件の容疑者が残したノビチョク残留物が入っており、スタージェスさんが香水と勘違いして吹きかけた恐れがあると判断した。小瓶はロウリーさんの自宅で押収され、内部にノビチョクが残っているのが確認された。 

 スタージェスさんの遺体は死因を確定するため19日までに解剖された。警察当局は小瓶の中にあったノビチョクが、3月の襲撃事件に使われたものと同一のものかどうかの鑑定を進めている。 (共同通信=太田清)