ハナレグミ、横浜アリーナを南国のビーチに変えた! 晴天を願って12000人が大合唱

©株式会社J-WAVE

J-WAVE主催のライブイベント「J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2018 supported by antenna*」の2日目が7月15日(日)、横浜アリーナにて開催。音楽シーンの最前線で活躍するJ-WAVEと縁の深い全20組のアーティストが、3日間にわたってステージを繰り広げました。ここでは開催2日目(15日)の3組目に登場したハナレグミのライブの模様をお届けします!

この日はバックにギター、ベース、ドラム、キーボードを携えたバンド編成で登場。「(横浜アリーナは)デカいね。どうもハナレグミです」との挨拶から、1曲目は『ブルーベリーガム』でスタート。歌い終えると、彼の透き通る歌声に魅了された会場から大きな拍手が湧きます。

会場から大きな拍手

12弦ギターに持ち替え、続けて披露したのは『My California』。爽やかなサウンドが心地よい夏の雰囲気を演出します。拍手喝采の中、会場から「タカシー!」とハナレグミの本名、永積 崇の名前があちらこちらから。これに「そうなんです。俺の名前、タカシっていうんです」とライブではお決まりのやりとりも。

3曲目にもってきたのは『深呼吸』。「最近、日本が騒がしいのでたまには深呼吸して、音楽がそういう役割になればいいなと思います」と、曲への思い入れを語り、静かにギターをつまびきます。

ハナレグミ

しっとりと聴かせた次は、エレキギターに持ち替え「今日は暦の上で何の日か調べてくるのを忘れてしまいましたが……」とマイペースさを覗かせ、『大安』を演奏。スローなリズムから徐々にアップテンポになっていく構成に合わせ、観客の体も自然と踊りだします。そして、ハナレグミが曲の途中で「声をちょうだい!」とコールすれば、観客もそれに応えました。

ハナレグミのステージに観客歓喜

会場全体のテンションを上げると、その盛り上がりのままトロピカルなサウンドが夏のビーチを彷彿させる『オアシス』。「ここをオアシスに変えようぜ!」との叫びに、両手を上に掲げ手拍子で応える観客。さらに間奏では「あ! 思いついた!」といきなりラップを歌い出したハナレグミ。誰もが聴き馴染みのあるそのラップは、小沢健二とスチャダラパーの名曲『今夜はブギー・バック』の一節。すぐに気づいたオーディエンスからは一緒に歌う声も。ハナレグミから冗談交じりに「音楽の授業を受けてこなかったの?」と煽られると、この日一番のコール&レスポンスの波が会場に起こります。

そして、中国地方の豪雨災害に触れ、「ちょっと天気になりすぎるのも困っちゃうんですけど、いい日和になってほしい」という思いを込め、ラストナンバー『明日天気になれ』を披露。ここでもサビの歌詞「天気になれ」を会場全体で大合唱。12000人を晴れやかな気持ちにさせてくれたステージでした。

会場全体で大合唱

【セットリスト】
1. ブルーベリーガム
2. My California
3. 深呼吸
4. 大安
5. オアシス
6. 明日天気になれ

【出演順】
Opening Act: NakamuraEmi

レキシ
大橋トリオ
ハナレグミ
スキマスイッチ
平井 堅
ユニコーン

Photo by Tsukasa Miyoshi(Showcase)

【関連タグ】
J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2018   ハナレグミ   ライブレポート   音楽