難病と闘いながら出場を続けるオリ安達、今季はついに初GG賞のチャンス!?

©株式会社Creative2

オリックス・安達了一【写真:荒川祐史】

今季はオールスターにも初出場、いつしかチームに欠かせない存在に

 自身初となる晴れ舞台でも、その献身性は不変だった。オリックスの安達了一内野手が球宴初出場を果たし、本拠地のファンの前で走攻守の全てにおいて躍動した。プロ入り当初に向けられた厳しい視線を跳ねのけて主力に成長した安達は、現在も難病との戦いを続けながらグラウンドに立ち続けている。不屈の精神でチームを支え続ける守備の名手は、球宴後も躍動を続けて今季2つ目の”自身初”を手にすることができるだろうか。

 榛名高校、上武大学、東芝を経て2011年のドラフト1位でオリックスに入団した安達はアマチュア屈指の内野手との呼び声が高く、即戦力としての活躍が見込まれる存在だった。長池徳士氏や石嶺和彦氏といった往年の名選手が背負ってきた背番号「3」を与えられたことからも、球団からの高い期待の一端がうかがえた。

 ところが、ルーキーイヤーとなった2012年は開幕から故障で出遅れると、シーズンが始まってからも極度の不振にあえぎ、走攻守全てでミスが目立ったことで厳しい声も少なからず寄せられることに。50試合の出場で打率.159、0本塁打、4打点、2盗塁と期待を大きく下回る成績に終わってしまい、いきなりプロの高い壁に苦しめられる形となった。

 翌年は早くも正念場のシーズンとなったが、安達は遊撃手のレギュラー格として出場を続け、7月からはほぼスタメンに定着。131試合に出場して打率.235、5本塁打、30打点、16盗塁という数字を残して確かな成長を感じさせると、翌2014年には主力として攻守に躍動してチームの優勝争いにも貢献。45犠打と29盗塁を決めて2番打者としての役割を果たすとともに、打率.259、8本塁打、50打点と打撃成績もさらに向上。いつしかチームに欠かせない存在となっていった。

 翌2015年には打率と盗塁数こそ減少したものの、自己最多の11本塁打と55打点を記録して不振にあえぐチームにあって意地を見せた。非常に高い守備力も手伝って完全にチームの中心選手としての立場を確立していたが、翌年には誰もが予想だにしなかったアクシデントに見舞われることになってしまう。

 2016年の1月、安達は厚生労働省が特定疾患に指定する難病である「潰瘍性大腸炎」を患っているという診断を受け、闘病生活を余儀なくされてしまう。一時は現役続行も危ぶまれる事態となったが、リハビリを乗り越え、4月12日に1軍復帰を果たす。その後は再びショートのレギュラーに定着し、難病と闘いながら118試合に出場。自己最高となる打率.273という数字を残し、その活躍を通して多くの人々に勇気を与えた。

ホークス今宮が1か月の負傷離脱、名手・安達に初の栄冠のチャンス

 翌2017年は打率.203と不振に陥り、シーズン最終盤には潰瘍性大腸炎が再発して入院のために戦線離脱を強いられるなど、試合に出場できるようになったとはいえ難病は未だ完治には至っていない。しかし、今季はここまで81試合に出場し、病気の発症後では初めて盗塁数を2桁(11盗塁)に乗せるなど、体調面でも少なからず復調を感じさせる要素が増えてきている。

 そんな安達に対し、思いがけない形で朗報が舞い込んできたのはマイナビオールスターゲーム2018。プラスワン投票で選出された日本ハムの大田泰示外野手が、残念ながら怪我で辞退を余儀なくされることに。それを受けて、得票数で2位だった安達が繰り上がりで選出される形となった。安達は本拠地・京セラドーム大阪で開催される球宴に、プロ7年目、30歳で初出場を果たしたのだ。

「ファンのみなさんのおかげだと思いますので、素直に嬉しいですね」と喜びを語った安達は、本拠地で行われた第1戦でスタメン出場を果たすと第1打席でヒットを放ち、直後に盗塁を決めて自らの持ち味を発揮。さらに「自分の持ち味は守備だと思いますので、いい守備を見せられるように頑張ります」との言葉通りに5回表にはヒット性の打球を好捕し、走攻守全てでらしさを存分に披露してみせた。

 広大な守備範囲と的確なポジショニングによって難しいゴロも正面で捌くケースが多いことから派手さこそないものの、UZRやレンジファクターといった守備指標でも軒並みリーグ最高クラスの数字を残している安達は守備の名手として広く認められている存在だ。しかし、2013年から5年連続でパ・リーグの遊撃手部門を独占している今宮健太の存在もあり、これまでゴールデングラブ賞とは縁のない野球人生を送ってきていた。

 だが、今季はその今宮が6月から怪我により約1カ月間の長期離脱を強いられており、登録抹消前も右肘の痛みもあってか攻守ともに本調子とは言えなかった。そのため、今季は少なからず趨勢が変わる1年となる可能性もありそうだ。安達が闘病を乗り越えてパフォーマンスを安定させたままフル出場に近い数字を残せれば、シーズン終了後には自身初の栄冠をつかんでいる可能性も出てくるかもしれない。

 オールスターへの出場が決まった際、安達は「自分と同じ病気の方たちもそうですが、違う病気の方たちにも励みになるような、元気なプレーをしたいと思います!」と語っていた。現在も難病との戦いを続ける男は、夢舞台での経験を経て臨む後半戦でも攻守に躍動し、そのプレーを通じてきっと人々の心を熱くさせてくれるはずだ。(「パ・リーグ インサイト」望月遼太)

(記事提供:パ・リーグ インサイト)