東京五輪の入場券、最高30万円

組織委が価格公表、2千円台から

©一般社団法人共同通信社

イベントに登場した(左から)陸上男子の藤光謙司さん、体操女子元五輪代表の田中理恵さん、車いすバスケ元日本代表の根木慎志さん、パラ陸上女子の高桑早生さん=20日午後、東京都千代田区の東京国際フォーラム

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が20日、五輪の入場券価格の概要を公表した。開会式は1万2千円~30万円、競技はサッカーなどで最も安い2500円から、陸上競技で最も高い13万円まで、幅広い価格帯を設定した。一般販売は来年春の開始を予定している。

 大半の競技で4千円以下の入場券を用意し、全体の入場券の半分以上を8千円以下とした。競技別の最高額は、陸上に次いで競泳とバスケットボールで10万8千円、バレーボールで8万1500円、体操で7万2千円、サッカーと野球で6万7500円、柔道とテニスで5万4千円。

 車いす席の入場券については別途発表する。

建設が進む2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアム、新国立競技場=11日、東京都新宿区