第7回飛騨高山ウルトラマラソン開催される(岐阜県高山市)

©岐阜県高山市

第7回飛騨高山ウルトラマラソンが6月10日、岐阜県高山市で開催されました。

国内外から参加した3,172人のランナーが100kmと71kmのコースに出場し、日本一広い面積の高山市内を駆け抜けました。

本大会は、スタート地点から観光地として有名な古い町並を通った後、飛騨高山スキー場や千光寺など山間部を走り、スタート地点に戻ってきます。そのため、累積標高差が約2,500mもあり、日本屈指の過酷なコースとして有名です。

大会の運営には、市民や市内企業から約1,300人がボランティアスタッフとして参加し、コースの各所にエイドステーションを設け、選手に水分や地域特産品を提供しました。

大会結果

100kmの部男子 出走数1,887人 完走率74.2% トップタイム7時間33分58秒

100kmの部女子 出走数319人 完走率67.1% トップタイム8時間41分30秒

71kmの部男子 出走数671人 完走率86.4% トップタイム4時間41分38秒

71kmの部女子 出走数295人 完走率84.1% トップタイム6時間06分56秒

古い町並を駆け抜けるランナー