部下の裸を撮影し課長停職1カ月 大洗町消防本部

©株式会社茨城新聞社

部下の裸を撮影するなどしたとして、大洗町消防本部は20日、消防総務課の男性課長(54)を停職1カ月の懲戒処分にした。課長は以前にも部下に暴言を浴びせ、厳重注意処分を受けていた。

同消防本部によると、課長は同町消防署の副署長だった2016年7月21日午後6時ごろ、署内の浴室で入浴中だった部下をスマートフォンで撮影。画像を印刷して通信司令室に張り出し、無料通信アプリ「LINE」で別の部下に送信した。

6月20日、匿名の通報を受けた総務省消防庁から事実確認の連絡があり、本部は職員に聞き取り調査を実施。課長は自ら申告し、「悪ふざけでやってしまった」と認めたという。内藤彰博消防長は「町民の信頼を損ねた」と陳謝した。