地震被災者の医療費免除再開を考えるシンポジウム

 8月7日午後6時15分~8時50分、熊本市中央区の県民交流館パレアで。熊本地震被災者の医療費の窓口負担について、免除措置の再開を求める市民グループが主催。

 神戸協同病院の上田耕藏院長が、災害関連死や疾患について講演。仮設団地入居者らによるパネル討論がある。参加無料。県民主医療機関連合会TEL096(387)2826。

(2018年7月22日付 熊本日日新聞朝刊掲載)

©株式会社熊本日日新聞社

紙面を彩った火の国球児たち

「夏の甲子園100回」を記念し、熊本出身のスターたちの〝球児〟時代を取り上げます。 第3弾は「打撃の神様」と呼ばれた川上哲治(熊本工出、人吉市出身)です。

ご購入はこちらから