危険な暑さ続く 午後は天気急変に注意 関東は激しい雷雨も

©株式会社ウェザーマップ

24日(火)の予想最高気温分布

 きょう24日(火)も東日本や西日本を中心に危険な暑さが続く。
 
 きのうは埼玉県熊谷市で全国歴代1位となる41.1℃を観測するなど、全国4地点で40℃を超えたが、きょうも熱中症には厳重な警戒が必要だ。

24日(火)の全国天気予報(数字は予想最高気温と前日差)

暑さ蓄積で38℃以上続出

 東日本と西日本では今月9日から気温のかなり高い状態が続いており、暑さが蓄積されている。35℃以上の猛暑日が10日以上続いている所もあり、猛烈な暑さが長引いている。この暑さはきょうも収まることはなく、38℃くらいまで上がる所がありそうだ。名古屋、岐阜と京都では、3日連続で38℃以上の暑さとなる見通し。

 長引く猛暑で体への負担がかなり大きくなっているため、熱中症には引き続き、厳重な警戒が必要となる。

【24日(火)の予想最高気温】
 38℃  甲府、名古屋、岐阜、京都、岡山、高松など
 37℃  熊谷、津、大阪、奈良、徳島、山口など
 36℃  さいたま、東京、大津、神戸、広島、高知、佐賀など
 35℃  千葉、彦根、和歌山、鳥取、松山、熊本、鹿児島など

24日(火)昼過ぎの発雷確率

天気急変に注意 関東は激しい雷雨の所も

 きょうも晴れる所が多くなるが、気温上昇で大気の状態が不安定になることが予想される。午後は九州や東海、関東付近で雷の発生する確率が高く、特に関東北部では激しい雷雨になる所もありそうだ。
 関東南部でも夕方以降は所々で雨が降り、局地的には雷を伴って激しく降るおそれもあるため、空模様の変化に注意が必要となる。
 一方、東北は午前中は雲が多く、雨が降る所があるが、午後は日本海側を中心に晴れる見通し。(気象予報士・多胡安那)