28、29日「城下町くまもと」 浴衣で街中に出掛けよう

昨年の「城下町くまもと ゆかた祭」の一こま。浴衣姿でそうめん流しを楽しめる

 浴衣姿で街中に出掛けるとさまざまな特典が受けられる「城下町くまもと ゆかた祭」が28、29日の両日、上通、下通、新市街など熊本市中心商店街一帯で開かれる。

 三年坂通りの名物行事「そうめん流し」(無料)のほか、上通は子どもたちに人気の「縁日」、下通は、うちわを手作りできるワークショップ(200本限定、無料)など多彩な催しがある。

 浴衣姿だと商品が値引きされたり、飲み物のサービスが受けられたりするほか、熊本市現代美術館では観覧料が半額になる。

 無料で浴衣を着付けしてもらえるスペースも3カ所ある。

 市中心商店街等連合協議会と熊本商工会議所が城下町の雰囲気を楽しんでもらおうと毎年開いており、14回目。問い合わせは祭事務局TEL096(356)3877。

(2018年7月24日付 熊本日日新聞朝刊掲載)

©株式会社熊本日日新聞社

紙面を彩った火の国球児たち

「夏の甲子園100回」を記念し、熊本出身のスターたちの〝球児〟時代を取り上げます。 第3弾は「打撃の神様」と呼ばれた川上哲治(熊本工出、人吉市出身)です。

ご購入はこちらから