マクドナルド、景表法違反

成型肉を表示せず優良誤認

©一般社団法人共同通信社

成型肉が使われていたのにその表示がされていなかった、日本マクドナルドの「東京ローストビーフバーガー」のメニュー(消費者庁提供)

 消費者庁は24日、日本マクドナルド(東京)が昨年販売した「東京ローストビーフバーガー」と「東京ローストビーフマフィン」について、成型肉を使用したのに表示せず、景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして再発防止を求める措置命令を出した。

 同庁表示対策課によると、昨年8~9月に期間限定で販売。1~5センチ大に切断された牛のブロック肉を加熱してくっつけ、形を整えた成型肉が使われていた。販売した2商品の計58%で使用されていた。

 表示対策課は、同社が成型肉を使用した理由について「ローストビーフの量を当初の予定より増やし、予定量を確保するため」と説明している。