ダム決壊、数百人不明

ラオス南部、数人死亡

©一般社団法人共同通信社

ラオス南部で建設中のダムが決壊し、避難する人たち=24日(ラオス国営パテト・ラオ通信提供・共同)

 【バンコク共同】ラオスの国営メディアは24日、同国南部アッタプー県で建設中だった水力発電用のダムが23日に決壊し、数人が死亡、数百人が行方不明になったと報じた。決壊により、複数の村が浸水し、6千人以上が家を失ったという。

 報道によると、決壊したのはセピアン・セナムノイダム。ダムから流れ出た水で、家が流されたという。建設していたのは韓国の企業などによる合弁会社だったとしている。決壊の詳しい原因は不明。

 在ラオス日本大使館によると、日本人の被害は確認されていない。ラオスには日本が建設中のダムもあるが、決壊したダムの建設に日本は関わっていないという。