日本版NCAAに110団体参加

設立準備委開催

©一般社団法人共同通信社

 全米大学体育協会(NCAA)を参考にした大学スポーツの統括組織「日本版NCAA(仮称)」の第1回設立準備委員会が24日、東京都内で行われ、23日までに参加申請をした東京大、早稲田大など87大学、日本水泳連盟、全日本大学野球連盟など23競技団体・学生競技連盟の計110団体が準備委に名を連ねた。

 スポーツ庁は来春予定の発足時に約200大学、約40団体の加盟を目標に掲げている。応募は12月末まで受け付ける。

 初会合では「学習機会確保」「キャリア支援」「事故情報の集約化」など15のテーマごとに作業部会を設置することを決めた。