水温35度「のぼせる」 夏休みのプール、開放中止相次ぐ

プールサイドの日陰の温度は38・5度に=24日午後3時、洲本第二小学校

 全国的に猛烈な暑さが続く中、兵庫県淡路島内の小学校で夏休みのプール教室を中止する動きが広がっている。気象庁によると、洲本市では24日、最高気温が37・1度と観測史上最高を記録。あまりの暑さにプールの水はぬるく「のぼせる」ほどだ。夏休みの学校に児童らがはしゃぐ姿はなく、セミの声が響くばかりとなっている。

 各小は夏休み中の一定期間「自由水泳」などの名称でプールを開放。児童らは連日、涼を求めてプール通いするのが常だ。

 しかし今年は、そんな光景が一変。洲本第二小学校は、24日から4日間の日程で予定していた自由水泳を中止とした。

 「26年の教師生活で初めての事態」と石橋治文教頭(47)。23日夕、翌日に備えてプールの水温、気温を測ったところ、水温は35度、プールサイドの日陰の気温は40度と異常に高く、水中で清掃をしていた職員は「のぼせる」と訴えた。

 プールの開放には、水温、気温とも25度以上-という下限の規定はあるが、上限の規定はなく、石橋教頭は「考えてもみなかった事態。熱中症など重篤な事故につながりかねないため、中止を決めた」と話す。24日午後3時、プールの水温は34・9度、日陰の気温は38・5度。きらめく水に、心地よさはなかった。

 1年生の女児の母親(43)は「子どもは楽しみにしていたが、これだけ暑いと心配。安全のためにはやむを得ない」と話した。

 同市教委によると、他に堺小など数校が自由水泳の短縮を決定。南あわじ市教委によると、23日に開催予定だった「南あわじ市水泳検定会」を中止したほか、広田小などが自由水泳を中止・短縮した。気温が35度以上となる予報が出れば、中止とする学校もあるという。

 一方、淡路市で唯一自由水泳を実施する石屋小は、日陰が多く水温は30度ほど。さらに上がるようなら水を足して調整する。プールサイドは水をかけて冷やし、サンダルなどで歩くよう指導しているという。(西井由比子、高田康夫、内田世紀)

Follow

神戸新聞

on

©株式会社神戸新聞社

神戸新聞がもっと便利に。電子版NEXT

新聞がそのまま読める「紙面ビューワー」、調べ物に便利な「記事データベース」が人気です。ウェブならではの速報も充実。暮らしに役立つ電子版を、ぜひお試しください。

詳しく知りたい