藤蔭28年ぶりV 全国高校野球大分大会 柳ケ浦を破る

©有限会社大分合同新聞社

28年ぶり2回目の優勝を果たし喜ぶ藤蔭ナイン=25日、別大興産スタジア

 第100回全国高校野球選手権大分大会最終日は25日、大分市の別大興産スタジアムで決勝があった。互いに久しぶりの甲子園切符を懸けた柳ケ浦と藤蔭の一戦は、中盤の1点を守り抜いた藤蔭が、28年ぶり2回目の優勝を決めるとともに、節目の記念大会の県代表権を得た。

 1点を争う投手戦となった。藤蔭は六回、先頭橋本の左前打、御手洗の内野安打などで1死二、三塁とし、奥園の犠飛で1点を先制した。

 その後は追加点を奪えなかったが、エース市川が走者を背負いながらも要所を抑える好投を続けた。九回も無失点で締め、零封勝ちで頂点に。藤蔭の選手たちはマウンドで抱き合って喜びを爆発させ、応援のスタンドも歓喜に沸いた。

 柳ケ浦は中盤に得点圏に走者を進めたが、あと1本が出なかった。先発中園、継投の上間も好投したが、無念の涙をのんだ。

 全国選手権は8月5日に兵庫県西宮市の甲子園球場で開幕する。組み合わせ抽選会は同2日に大阪市内である。

 ▽決勝

柳ヶ浦000000000|0

藤蔭 00000100×|1