倉敷市真備町地区2千棟を一括「全壊」判定

©一般社団法人共同通信社

 西日本豪雨で大規模に浸水した岡山県倉敷市真備町地区の約2100棟について、倉敷市が一括して「全壊」と判定したことが25日、分かった。東日本大震災を受け、早急に被害判定できるよう導入された制度を使った。