選挙監視要員の派遣見送り

カンボジア下院選で菅氏

©一般社団法人共同通信社

 菅義偉官房長官は25日の記者会見で、フン・セン政権による野党やメディアの弾圧が批判されている29日投開票のカンボジア下院選に関し、選挙監視要員を派遣しない考えを明らかにした。

 監視要員派遣とは別に2013年から実施している有権者把握などの支援については「選挙実務を改善するための技術的協力だ」として継続する考えを示した。フン・セン政権の対応に関し「最大野党の解体には懸念を伝え、状況改善を働き掛けている」と語った。

 外務省によると、5年に1度のカンボジア下院選で監視要員の派遣見送りは13年に続き2度目。