JR、殺傷事件で再発防止策対応

警察と訓練も

©一般社団法人共同通信社

新幹線の車両内で行われた刃物を持った不審者への対応訓練=26日午前、東京都北区

 東海道新幹線で6月、乗客3人が殺傷された事件を踏まえ、新幹線を運行するJR各社は、刃物を持った不審者への対応訓練や、護身用の装備の拡充など車内での事件を防ごうと対策を急いでいる。26日には、JR東日本が警視庁と協力し、車掌らを対象にした講習会を開催した。

 講習会は東京都北区の「東京新幹線車両センター」であり、約130人が参加した。JR東が護身用に配備を検討中の盾やさすまたの使い方などを確認したほか、警察官が刃物を持つ暴漢を制圧する場面を実演した。