くまモン電車で沿線巡り 施設3カ所スタンプラリー 熊本電鉄

くまモンが描かれた熊本電鉄の電車=21日、合志市
「くまモンラッピング電車わくわくスタンプラリー」の台紙

 熊本電鉄は夏休みに合わせ、電車沿線の公共施設3カ所をめぐった乗客に記念品を贈る「くまモンラッピング電車わくわくスタンプラリー」を実施している。9月2日まで。

 同電鉄は車体にくまモンが描かれた3種類の電車を運行。鉄道ファンや外国人観光客の人気を集めており、県内の親子にも楽しんでほしいと初めて企画した。

 参加施設は、合志市の「合志マンガミュージアム」と「西合志図書館天文台」、熊本市北区八景水谷の「水の科学館」。各施設でスタンプを押し、北熊本駅(北区室園町)にある「くまでんショップ」に持ち込むと、ポストカードやシールなどの記念品がもらえる。くまモン電車内にあるキーワードを答えるチャレンジ賞もある。

 用紙は同駅や藤崎宮前駅(中央区坪井)、堀川駅(北区八景水谷)、公共の案内所などで配布。小学生以下は、県内の各路線バスや熊本市電などが夏休み期間中、千円で乗り放題になる定期券「キッズパス」が利用できる。同電鉄は「電車に親しみながら、夏休みの思い出を作ってほしい」と話している。同電鉄アンテナショップTEL096(342)5122。(宮崎あずさ)

(2018年7月26日付 熊本日日新聞朝刊掲載)

©株式会社熊本日日新聞社

紙面を彩った火の国球児たち

「夏の甲子園100回」を記念し、熊本出身のスターたちの〝球児〟時代を取り上げます。 第3弾は「打撃の神様」と呼ばれた川上哲治(熊本工出、人吉市出身)です。

ご購入はこちらから