カントリーゴールド 今年の「約束の日」10月21日

30回目の「カントリーゴールド」開催を発表するチャーリー永谷さん=25日、熊本市中央区

 今回で30回目を迎える、カントリーミュージックの祭典「カントリーゴールド 約束の日Ⅱ」が10月21日、南阿蘇村の県野外劇場アスペクタで開かれる。実行委員会会長の歌手チャーリー永谷さん(82)らが25日、熊本市で会見を開き「30年続けられるとは思っていなかった。スタッフの支えや毎年楽しみにしてくれる観客のおかげ。今年も楽しんでほしい」と呼び掛けた。

 祭典は1989年に始まり、10月の第3日曜を「約束の日」として毎年開催。国内外からミュージシャンが集う。今回は、カントリーの一種の全米ブルーグラス・チャートで1位となったこともある「デイリー&ヴィンセント」や、チャーリーさんのバンドなど日米の5組が出演する。

 正午開演。チケットは8月1日発売。前売り7千円、当日8千円(中高大学生は当日のみ3千円)。小学生以下は無料。問い合わせは総合インフォメーションTEL096(359)2735。(深川杏樹)

(2018年7月26日付 熊本日日新聞朝刊掲載)

©株式会社熊本日日新聞社

紙面を彩った火の国球児たち

「夏の甲子園100回」を記念し、熊本出身のスターたちの〝球児〟時代を取り上げます。 第3弾は「打撃の神様」と呼ばれた川上哲治(熊本工出、人吉市出身)です。

ご購入はこちらから