翁長知事、辺野古承認撤回へ

27日表明、移設阻止最後の手段

©一般社団法人共同通信社

翁長雄志知事=6月23日

 沖縄県の翁長雄志知事は26日、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設を巡り、辺野古沿岸部の埋め立て承認撤回に向け、27日に記者会見して自らの考えを説明することを明らかにした。近く弁明を聞くための聴聞開始を防衛省沖縄防衛局に通知する。撤回は阻止に向けた最後の手段とされ、国と県の対立が続いてきた移設問題は、11月の知事選を前に大きな局面を迎える。

 撤回は、承認後の事情の変化を理由に、公益上の必要性が高いとして、許認可などの行政処分を取り消す措置。県は、埋め立て承認の際に条件となっていた留意事項に反し、工事が進んでいるとして撤回に踏み切る方針だ。