「宗教が多くの人を不幸にした」

松本サリン被害者の河野さん

©一般社団法人共同通信社

死刑執行を受け記者会見する河野義行さん=26日午後、愛知県豊橋市

 オウム真理教による一連の事件で死刑囚13人全員の刑が執行されたことを受け、松本サリン事件で被害を受けた河野義行さん(68)が26日、愛知県豊橋市役所で記者会見し「宗教は本来、人を幸せにしなければならないのに、死刑囚自身やその家族、市民を不幸にした。残念だ」と話した。

 河野さんは死刑囚13人のうち新実智光元死刑囚=執行時(54)=ら4人と過去に面会したことに触れ「清らかな印象を受けた。会ったことによって親しみが湧いた人が亡くなったのは悲しい」と心情を吐露した。