水星探査機打ち上げ10月19日

日本と欧州が共同で

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は26日、欧州宇宙機関(ESA)と共同で進める水星探査計画「ベピコロンボ」の探査機の打ち上げが日本時間10月19日午前に決まったと発表した。日本と欧州それぞれの探査機がアリアン5ロケットに相乗りし、南米フランス領ギアナから打ち上げる。

 水星を取り巻く磁気圏の活動や薄い大気の構造を調べ、水星がどのように形成されたかを解明する目的。日欧の探査機は2025年に水星に到着する予定で、約9時間かけて周回しながら1年間にわたって観測を続ける計画。

 日本の探査機は「みお」と名付けられ、欧州の探査機とは異なる観測装置を搭載している。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

47NEWS

47NEWS