JR九州のお盆ピーク混雑予想 下り11日上り15日

 JR九州は26日、お盆期間中(8月9~19日)の九州新幹線と在来線特急の予約状況を発表した。下りは11日、上りは15日が最も混雑すると予想している。

 25日までの指定席の予約数は、前年同期比1・4%増の24万9千席で、予約率は38・3%。新幹線に限ると、1・7%増の13万5千席で、予約率は38・7%となっている。

 担当者は「大河ドラマ『西郷[せご]どん』や観光キャンペーン『列車でいきなり 熊本ばケーション』の効果で、堅調」と説明した。

 観光列車は、前年と比較可能な8種類で、予約数が25・2%減と伸び悩んでいる。祝日の「山の日」が土曜日と重なり、前年より休日が少ないことや西日本豪雨、猛暑の影響という。(小林義人)

(2018年7月27日付 熊本日日新聞朝刊掲載)

©株式会社熊本日日新聞社

紙面を彩った火の国球児たち

「夏の甲子園100回」を記念し、熊本出身のスターたちの〝球児〟時代を取り上げます。 第3弾は「打撃の神様」と呼ばれた川上哲治(熊本工出、人吉市出身)です。

ご購入はこちらから