8月5日はロアッソ「タウンデー」 熊本市南区在住・通学者は無料

 8月5日に熊本市東区のえがお健康スタジアムで開かれるサッカーJ2ロアッソ熊本-ツエーゲン金沢戦は「熊本市南区タウンデー」。南区に在住・通学する小中学生や高校生は無料になる。

 ロアッソの選手らがまちづくりを支援する「火の国もりあげタイ!」の取り組みの一つ。高校生以下が無料になるほか、南区に在住・通勤通学する人の一般観覧料も通常3300円が500円になる(すべてSA席)。会場の特設ブースで、居住地や通勤通学を証明する免許証や学生証、名札などを示す。

 当日は午後7時キックオフ(開場5時)。南区城南町の物産館「火の君マルシェ」も出店する。南区役所総務企画課TEL096(357)4112。

(2018年7月27日付 熊本日日新聞朝刊掲載)

©株式会社熊本日日新聞社

紙面を彩った火の国球児たち

「夏の甲子園100回」を記念し、熊本出身のスターたちの〝球児〟時代を取り上げます。 第3弾は「打撃の神様」と呼ばれた川上哲治(熊本工出、人吉市出身)です。

ご購入はこちらから