「立野ダムカレー」ご賞味あれ 南阿蘇村2カ所で提供

「茶庵とちのき」の立野ダムカレー。放流口のマカロニを抜き取ると、ルーが流れ出る=南阿蘇村

 「阿蘇・立野峡谷」ツーリズム推進協議会(会長・吉良清一南阿蘇村長)は23日、建設中の立野ダム(同村・大津町)をイメージした「立野ダムカレー」を関係者に披露した。

 立野ダムと周辺の自然を観光振興に生かそうと、同協議会が商品化を企画。南阿蘇村河陽の阿蘇東急ゴルフクラブと喫茶店「茶庵とちのき」が、治水を目的とした穴あきダムの特徴を踏まえそれぞれ考案した。

 いずれも、盛り付けた野菜や肉で北向谷原始林や柱状節理を表現。洪水調節に見立てて、ダムのアーチ型に盛ったご飯にルーを流し込んで食べる。

 阿蘇東急はポークカツ(1620円)と鶏肉ソテー(1080円)の2種類。「とちのき」のカレー(1080円)は、抜き取るとルーが流れ出るマカロニの放流口もある。

 阿蘇東急は2種類合わせて毎日20杯、とちのきは土日のみ5杯提供。いずれも要予約。(中尾有希)

(2018年7月28日付 熊本日日新聞朝刊掲載)

©株式会社熊本日日新聞社

紙面を彩った火の国球児たち

「夏の甲子園100回」を記念し、熊本出身のスターたちの〝球児〟時代を取り上げます。 第3弾は「打撃の神様」と呼ばれた川上哲治(熊本工出、人吉市出身)です。

ご購入はこちらから