来年の世界選手権「来てね」 くまモンがPR

初出場の千原台の選手たちを激励するくまモン=三重県のサオリーナ

 2019年に熊本県内で開催される女子ハンドボール世界選手権とラグビーワールドカップ(W杯)への来場を呼び掛けようと、大会アンバサダーのくまモンが三重県のハンドボール会場をサプライズ訪問した。

 入り口にブースを構えると、老若男女に取り囲まれる人気ぶり。ただ、大会の認知度は「もう少し」とくまモンも正直な反応。「僕も大会が盛り上がるよう頑張るけん、皆さんも熊本に来てハイヨ」と必死に訴えた。

 くまモンは、初舞台を控えた千原台の選手たちともばったり遭遇。やや顔をこわばらせていた選手たちと抱擁するなどして緊張を和らげた。「熊本にいるみたいで力になった」との声も聞かれ、初戦突破にも“貢献”した。

(2018年7月28日付 熊本日日新聞朝刊掲載)

©株式会社熊本日日新聞社

紙面を彩った火の国球児たち

「夏の甲子園100回」を記念し、熊本出身のスターたちの〝球児〟時代を取り上げます。 第3弾は「打撃の神様」と呼ばれた川上哲治(熊本工出、人吉市出身)です。

ご購入はこちらから