夏でも冷え性になる!?手強い「夏冷え」は酵素で上手に乗り切って快適な夏を!

©株式会社シーエーメディアエージェンシー

夏なのに冷えていませんか?

毎日40度近い気温を記録していて、熱中症が心配される日々が続きます。

そんなに暑い毎日なのに、実は冷えに悩んでいるという方は多いのではないでしょうか?

冷え性というと気温の低い冬場の時期に起こりやすいと思われがちですが、夏こそ要注意です。

職場の冷房が効きすぎて辛い、むくみが気になる、頭痛が起こりやすい、という方、それは夏バテではなく「夏冷え」のサインかもしれません。

 

 

そもそも「夏冷え」とは?

「夏冷え」とは、夏の時期に起こる冷え性のことです。

炎天下の屋外と冷房がガンガンに効いた室内の温度差が激しい夏。

私たちには環境や季節の変化に適応するため、自律神経によって体温を調節する働きが備わっていますが、寒暖差が激しすぎる夏は、自律神経のバランスを崩しやすいのです。

その結果、体温調節がうまくいかずに、冷えに伴うさまざまな症状が現れやすくなります。

これが「夏冷え」です。

例えば、「手足の冷えやむくみ」「食欲不振」「便秘」「肩こりや頭痛」などが症状としてあります。

これらの症状を放っておくと、胃腸機能が低下し、便秘や下痢、倦怠感、食欲不振など様々な不調に悩まされ、結果的に夏バテを引き起こすことに繋がります。

また、夏だけではなく1年中冷えを感じ、血行不良やホルモンバランス、自律神経の乱れなどに繋がる場合も。

 

「夏冷え」の原因は?

「夏冷え」の原因は、主に2つあります。

一つは、冷房による冷えです。

これだけの暑い日々が続くと、室内は冷房が効いてかなり冷えているはず。

そして、猛暑の室外との温度差で自律神経のバランスが乱れがちになり、その結果毛細血管が収縮し、血行が悪くなり冷えを招きます。

一日中冷房の冷気にさらされていると、体を冷やし続けることになります。

もう一つは、体を冷やす食生活です。

暑いのでつい飲み物を摂りすぎてしまいがちですが、こちらも体を冷やす原因に。

飲み物はなるべく常温で飲むことを心がけることが大切。

また、夏野菜は体を冷やすものが多いので、摂りすぎには注意です。

 

女性の方が冷えやすい!?

また、女性は男性に比べて「冷え」を感じやすいとされています。

基礎体温が低いこと、熱の産生に関係する筋肉組織が少ないこと、そして月経周期に応じてホルモンの変動を繰り返すことで血液循環が悪くなりやすいことなどが理由として挙げられます。

さらに、夏場の女性のファッションはとても薄着。

薄着で冷房の冷気にさらされることで身体を冷やしてしまうため、血液循環が悪くなりやすいのです。

 

「夏冷え」解消には基礎代謝アップ!

「夏冷え」解消に必要なのは、基礎代謝をアップさせること。

基礎代謝が活発だと細胞も活動的になり、血行が促進されます。

その結果、血液の巡りやリンパの流れがスムーズになり、冷えやむくみの解消につながります。

 

酵素の働きで基礎代謝をサポート

基礎代謝アップに、毎日の生活に酵素をプラスするのもいいですね。

今は、酵素を手軽に摂れるアイテムもあります。

夜遅いごはんでも(新谷酵素)は、酵素量400mg、グルテンフリー、自然由来原料86%の錠剤サプリメントです。

新谷酵素独自の製法を用いて加熱処理を行わずに抽出した「活きている酵素」の他、10種類のスッキリサポート成分も配合。

食事リズムが不規則な方や、健康的なスッキリボディを目指す方におすすめです。

夜遅いごはんでも
5粒×30包 3,067円(税込)

 

 

SHINYA ENZYME PREMIUM(SUPERFOOD LAB)は、酵素を手軽に効率よく補給できるサプリメントです。

独自の非加熱製法で仕上げた「活性力」が特徴の酵素サプリメント「SHINYA ENZYME PREMIUM」の酵素原料をパワーアップ!

さらなる優れたエネルギー活性力を発揮し、すみずみまで栄養素を届けます。

美容と健康のベースをしっかりと整えたい現代人におすすめです。

SHINYA ENZYME
ボトルタイプ 70.98g
1カプセル総重量338mg (1カプセル内容量275mg)×210カプセル
10,800円(税込)

 

夏の冷え性は手強く、気づいたら慢性的な冷えに繋がることもあります。

酵素も上手に取り入れて、「夏冷え」を乗り切りましょう。