バルセロナが強奪のマウコン、監督が欲しい選手じゃなかった…

©株式会社コリー

バルセロナがボルドーから電撃獲得したブラジル人FWマウコン。

すでにローマ移籍が決まっていたものの、それを強奪するような形となったことで物議を醸している。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

ただ、彼はエルネスト・バルベルデ監督が求めていたわけではなく、クラブ主導で獲得した選手のようだ。『as』や『ABC』によれば、指揮官がそう述べたという。

エルネスト・バルベルデ(バルセロナ監督)

「いかなる獲得についても、我々はオープンな立場にある。

中盤はパウリーニョの退団でかなり落ち込んでしまった。

(その穴埋めとして)アルトゥールやB(チーム)から来た選手がいる。

さらに獲得に動く可能性もある。いくつかの可能性がある。

だが、それは私ではなくクラブによって決まるものだ」

パウリーニョに加え、アンドレス・イニエスタも退団した今季のバルサ。

ここまでアルトゥール、マウコン、そしてフランス人DFクレマン・ラングレを獲得しているが、いずれもクラブ主導での補強だったようだ。